あらゆる業種の予約・物販をLINE公式アカウントで行うことができるクラウドサービス「Wincle」が経済産業省管轄の「IT導入補助金2022」対象のITツールに認定

LINE公式アカウントを活用した新しいマーケティングツール「Wincle」がITツール認定

引用元:PR Times(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000101317.html

株式会社Oteleは、「Wincle」が経済産業省管轄「IT導入補助金2022」の「一般枠」及び「特別枠(デジタル化基盤導入枠)」対応のシステムとして登録されたことを報告いたします。
「Wincle」とはLINE公式アカウントを活用し、あらゆる業種の予約・物販(ECサイト、受発注機能)・マーケティングをLINE上で自動化できるシステムです。機能を選択できることで汎用性も高まり、多様なビジネスに対応することが可能なソリューションサービスです。

この度、弊社が提供するクラウドサービス「Wincle」がIT導入補助金の対象であるITツールとして認定されました。これにより、中小企業・小規模事業者等のみなさまが「Wincle」を導入する場合、IT導入補助金2022の申請が可能となります。

・IT導入補助金2022について

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化および売上アップをサポートする制度です。

物販機能は、ECサイト機能・受発注機能(決済機能含む)として利用することができます。
(BtoBだけではなくBtoCにも対応)

IT導入補助金の特別枠(デジタル化基盤導入枠)で採択された場合、費用の3/4または2/3の補助を受けられるため、導入費用を大幅に抑えてITツールを活用し、ビジネスの効率化・活性化を図れます。

詳細につきましては、下記IT導入補助金ウェブサイトをご参照ください。
IT導入補助金2022 URL:https://www.it-hojo.jp/

「Wincle」について

 Wincle
Wincle

「Wincle」はあらゆる業種の予約、物販、マーケティング等をLINE上で⾃動化、効率化することができるクラウドシステムです。

⽇本国⺠の約70%がアクティブユーザーであるLINE。
これに紐づくビジネス版LINEである「LINE公式アカウント」を活用し、予約や顧客管理・マーケティングなど多くの機能を持つマルチツールとして運用することが可能になります。

オリジナリティ溢れるアップデートで、自分たちだけのLINE公式アカウントを構築できます。

リッチメニュー
リッチメニュー























動画で「Wincle」の機能をご紹介しております

「Wincle」の公式HPはこちら
https://wincle.otele.co.jp

※「Wincle」は株式会社Oteleが提供するサービスであり、LINE株式会社のAPIを活⽤したサービスです。

●会社情報
会社名:株式会社Otele
URL:https://otele.co.jp
住所:⼤阪府⼤阪市北区天神橋3-6-5-10F

SNSの普及率82%の内の利用率1位は「LINE」であることが株式会社ICT総研『2022年 SNS利用動向に関する調査』にて発表されています。また、多くの人が実感しているかと思いますが普及率は年々増加中です。そのような中、本記事で紹介されている「LINE公式アカウント」を活用した顧客・売上管理や分析などの多機能サービスは、事業者にとって沢山のメリットが挙げられます。顧客とのコミュニケーションを円滑に図ることはもちろんのこと、自社内業務の自動化による効率アップも期待ができ、社内外情報の一元管理が叶うサービスです。EC事業で例えますと「EC販売~分析」とワンストップ、更に親しみのあるLINEで管理ができることはとても魅力ですね。

社内外情報を管理するために複数のシステムやツールを利用している事業者にうってつけではないでしょうか。
簡単なサービス紹介動画もアップされていますので、是非チェックしてみてください。


執筆者名:Riho Horiba
当社のサービス内容:https://wca.co.jp/service/
お問合せはこちら:https://wca.co.jp/contact/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です